kkknok ほんじつのトムさん

ほんじつのトムさんetc...
by kkknok
カテゴリ
全体
自己紹介
みなさん
トムさん
ルパン
フジコ
ほんじつのトムさん展2011
おふたりさん
トム
未選択
未分類
タグ
(220)
(117)
(69)
(53)
(47)
(41)
(23)
(14)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
検索
記事ランキング
最新のコメント
>ちかこさん ありがと..
by kkknok at 13:24
可愛い猫ちやんですね。癒..
by ちかこ at 01:13
>ちょびさん お話を伺..
by kkknok at 21:41
17歳4か月と高齢のうえ..
by ちょび at 14:59
>オレンジタビー さん ..
by kkknok at 23:04
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧
タグ:病院 ( 117 ) タグの人気記事
2月26日
b0162726_10364764.jpg
実は

b0162726_10364735.jpg
並んでるんです


b0162726_10364650.jpg
並んでる


b0162726_10364617.jpg
なかなかオープンしないマッサージ屋さん

(揉んでも揉んでもすぐに並びだす人気店なだけで、結構揉んでる)

b0162726_10364613.jpg
とうとうフジコが最終手段に


b0162726_10364793.jpg
いつの間にか順番が変ってるみたい。。。

先日、映画ダンケルクを見たのだけれど、真面目に行列に並んでたら順番がまわってくるかどうかわからない状況で、前へ前へ並ぼうとする主人公とフジコのたくましさがかぶって見える

こうしてフジコがルパンに遠慮を見せないところを見ると、ルパンの調子はほとんど戻ってきているのだろう



26日 16:30 ルパンが毛玉ボールでガンガンに遊びはじめる

19:00 強制ご飯&ネフガード投薬

22:53 腎臓ケア、消火器サポートを半々づつ入れたカリカリを用意したところ、何粒か食べている姿を見た

23:27 お湯を飲む、毛玉ボールで遊びだす






































[PR]
by kkknok | 2018-03-09 05:30 | ルパン | Comments(0)
2月20日(火) 病院・血液検査 体重3.9kg 猫の膵炎について



ルパンの(食欲はあるのにごはんが食べられない)を改善するために、点滴(輸液)をしてもらいに病院に行った

体重は3.9kg

6月の診断時とほぼ変らなかった

先生が心音を聞いたところ、高齢だから仕方が無いけどやや雑音があるね、とのこと

治療は、

点滴(輸液)

腎臓をケアする注射

ご飯30mlはこちらから希望してあげてもらった


血液検査を受けたのだけど、採血で暴れる

力強く暴れるので具合が悪く見えない


血液検査の結果は

肝酵素 前回55 → 106 約2倍にUPで正常範囲の22~84を超えた

尿素窒素 前回36.6 → 34.4 正常値が17.6~32.8なのでやや超えている

クレアチニン 前回1.9 →1.8 正常値0.8~1.8

コレステロール 前回166 →254 正常値 89~176

中性脂肪 前回64 →114 正常値17~104


腎臓はやや悪いという程度で、原因は他にあるのではないかとのこと

今回の治療で食欲が戻らなければ、膵炎の疑いがあり、来週に血液検査をしましょうと



◆猫の膵炎とは

猫の膵炎の症状は、食欲不振、慢性嘔吐、痩せる、下痢など

でも、食欲不振だけ、嘔吐だけということもあり、発見されにくいそうです

症状だけ聞いてると、甲状腺機能亢進症と見分けがつかないっぽいですが、

コレステロール値が高い

中性脂肪の値が高い

といったあたりから膵炎を疑ったようです(膵炎は脂肪分の少ないご飯を食べさせることで改善する)

膵炎を調べるための特殊な血液検査を受ければ膵炎かどうか判明するとのこと

膵炎の血液検査には通常の血液検査よりも多めの血が必要なようです


◆猫の膵炎の治療法

別の獣医さんにお伺いした内容なのですが、

膵炎の症状にもよりますが、軽度な場合は食事療法で様子を見るそうです

脂肪分の少ない食事をさせます





病院の帰り道

ルパンはわめく叫ぶ

ご主人が抱っこして部屋に連れていくも、

腕をギャンッと蹴って、ダダダダッと走って逃げていったそう

しばらくしても警戒モードで、私に甘えるしぐさを見せつつも撫でようとするとハッ!としてタタタッと逃げる


19:38 強制ごはん5g

20:54 自分で粉ごはんを少し食べる

粉粉ごはんは本当の粉末ですが、粉ご飯はカリカリを荒くミルサーして粒々が残してあるものです


22:44 ご主人がマッサージするとお湯を飲んだ

23:56 オシッコしたっぽい









[PR]
by kkknok | 2018-03-04 05:30 | ルパン | Comments(0)
例のオモチャ&はじめての猫の病院の選び方、セカンドオピニオンについて
b0162726_15161163.jpg

例のオモチャの紐を切ったらどう?

ルパンはまだ怖い

b0162726_15165727.jpg

ブラシ命のフジコ


b0162726_15171510.jpg

オモチャに興味なし


エイッ!

オモチャを投げてみた

b0162726_15174765.jpg

ちょっとー!

b0162726_15181355.jpg

こんなの、こうよ!

b0162726_15182895.jpg



b0162726_15183640.jpg



思い知ったか



オモチャで遊んでもらうのは諦めた




はじめての猫の病院の選び方、セカンドオピニオンについて


長年お付き合いさせて頂いているtoto-charさんから治療についてコメント欄から相談を受けました。
難しいことでしたが、私なりに考えをお伝えしました。
コメント欄を辿っていただければ、当時のやり取りをご覧いただけます。
その経験から動物病院について私の考えやアドバイスをまとめてみました。
全ての人にあてはまる内容ではありませんが、何かのヒントになればと思います。



◆はじめての猫の病院の選び方について


動物病院の選択肢が多い場合、どの病院に通うか悩むと思います。
おすすめは

・なるべく自宅から近いところにある動物病院

移動距離が短いほうが猫にも飼い主にも負担が少ないです。
とは言え、

・病院の設備
・先生との相性
・診察時間

など総合的に判断して決めると良いと思います。

私はいつも待合室に人がいるのを見かけていた動物病院で、人気があるんだなぁと思って、トムさんを拾ってすぐ健康診断に連れて行ったら「もう死ぬよ」と、聴診器もあてない先生でした。
すぐに病院を出た経験があります。
でもそういう経験をした人は少なくありません。

くるねこさんも似たような経験があるようです。

実際に動物病院を受診してみなければわからないことも多いです。
次に連れて行った動物病院では「心配ないよ」とテキパキ処置してくれて(診断が全然違う!)と心の中で叫びました。
動物病院によってこんなに対応が違うのだなと思いました。
そこは民家を改造した動物病院で、高齢な先生でしたが常に新しい情報を得て勉強されていることが会話の端々に感じられ、とても信頼できる方でした。
当時はインターネットで検索することもできなかったのですが、今は口コミを調べることもできますので活用すると良いと思います。
しかし口コミが見られない動物病院も多く見られますので、なんとも悩ましいところ。
最近は猫専門の動物病院もありますので、お近くにあれば専門病院のほうが好ましいかもしれません。


さまざまな口コミサイトがあると思いますが参考までに
Calooペット


◆猫のセカンドオピニオンについて(病院を変えることについて)

基本はなるべく病院は変えないほうが良いと思います。
他の病院で意見を聞こうと思うとイチから猫の検査をしなければなりません。
猫の心や体の負担を考慮する必要があります。
しかし、

・担当の先生の治療方針や診断に疑問がある
・治療器具の有無
・猫が重病になり、現在の病院の治療では間に合わないと感じた
・手術が回避できないか検討したい

ときなどは検討する必要があると思います。

トムさんの嘔吐が止まらなくなったとき、慌てて病院に連れて行ったことがありました。
そのときは嘔吐を止めてもらうことができましたが、もしも止まらなければ他の病院に連れて行ったと思います。
治る見込みが無い場合でも、痛みや嘔吐を症状を緩和してくれるような病院を求めるのは飼い主として自然な気持ちだと思います。


治る見込みの無い病気で、症状が落ち着いている場合は治療を止めて自宅でゆっくり過ごさせてあげるのもひとつの決断です。


猫のためを考えて治療を止めたお話


◆セカンドオピニオンを聞きに行く前に、どうしたいのかを具体的に考えてみては

すでに猫が重病の場合、やみくもにちがう病院に行っても、ほとんどの場合、今の病院で最後までお世話になっては?という返答になると思います。
他にどんな治療があるのかインターネットで検索してみて、良さ気な治療法を見つけたら、その治療を行っている動物病院を探してみてはどうでしょうか。
例えば、レーザー治療など特殊な機械を置いている動物病院、独自の食事療法を行っている動物病院など、現在の動物病院では受けられない治療を施しているところであれば、その治療を行うか判断してくれると思います。



◆セカンドオピニオンを嫌がる医者もいることを忘れずに

受診する前にセカンドオピニオンに伺ってもよいか電話で確認することをおすすめします。
確認しても実際に行ってみたら様子が違った、ということもあり得ますが電話で確認することでリスクは減らせます。
受けさせたい治療が現在の病院ではできないのでこちらにセカンドオピニオンに来ました、という理由があれば医者に受け入れてもらいやすいかもしれません。

地域によっては動物病院の数が少ないこともあるでしょうし、
担当の先生の治療方針や診断に疑問があってセカンドオピニオンを受ける場合は思い切って、シレッと初めて診察されるフリをするのもアリだと思います。
先の診断ではこう言われたんですが、、、という相談はできなくなりますが、そのあたりは機転を利かせて臨機応変に対応しましょう。












[PR]
by kkknok | 2016-05-01 06:15 | おふたりさん | Comments(5)
3月15日(火)体重3.0kg
b0162726_1846986.jpg

ひと晩、トムさんに付き添った

寒い所に行きたがるので、仕方なく、ケージに入れた

案の定、抗議殺到


AM3:00 自分でトイレに入り少し大をした

AM4:00 なくのでトイレに入れたらオシッコした

AM5:00 牛乳を飲むと言うが、口の中が乾いて舐めにくかったのでひと舐めで終わり

      温めたビオベテリナリー キャットを小さなシリンジで少量あげた

AM6:00  再び温めたビオベテリナリー キャットを少量あげた

AM7:00 薬の時間

その後、私に睡魔がやってきたので仮眠



この夜も病院に行って点滴してもらった方がいいよね、てことで向かった

体温さえ上がればご飯を食べれるんだし、

体温を計ってもらって、37度以上の平熱になっていたらご飯を食べさせてもらおう

そうしたら体力が戻って復活するかもしれない

と思い、再び病院に行った


体重3.0kg

ご飯を食べれてないので当然減ってる

体温38.3度

大幅に上がってる!

「これならご飯食べれますね」ってことだったので、シリンジでご飯を食べさせてもらう

トムさんは飲み込みにくそうに、口を上に向けてパクパクとのけ反った

「ヨダレが出過ぎて、口の中が乾いていて飲みにくいんだと思います」

先生はスポイトで水を持ってきて、口内を潤しながら、失神させないように、ご飯をゆっくり、ゆっくり食べさせた

そして帰宅




.
[PR]
by kkknok | 2016-04-05 04:59 | トムさん
3月14日(月)体重3.2kg 体温34.9度
b0162726_16382465.jpg


寒いベンチの下に居ることが多くなり、

朝にホットマットを仕込んだその夜。


トムさんにご飯を食べさせようとすると、すごく嫌がった。

いつものことだろう、とあげたら、

ぐにゃり

身体が横倒しになり、目を見開いていた

えっ!?

「トムさん!」

慌てて声をかけて、ご主人を呼ぶ。

気がついて起き上ったらゲボア将軍。

この日、2回目だった。

流石にこれは病院で点滴を受けないと駄目だ、と病院へ。



病院で診断をしてもらう。

体重3.2kg 

がーん

毎日あれだけ規定量を守って必死にコツコツとシリンジで与えていたのに減ってる

ゲボア将軍恐るべし


体温34.9度

「猫の体温が35度以下になったらいつ死んでもおかしくないレベル」

先生がおっしゃった。

「猫の平熱は37度以上なので、そこまで戻ればご飯が食べれるようになります。35度以下だと内臓が冷えて食べ物を受け付けないので吐きます」

温かい点滴をしてもらって、ゴム手袋にお湯を入れたもので体を温められた。



「温めて下さい。最近、寒いところにいたなら冷えていたんでしょうね」

ホットマットをもっとはやく入れてあげればよかった!



倒れたのは、体温が低い=血流が悪くなってる、であり、脳に酸素が届きにくい状態になっているそう

そこへシリンジでご飯を食させることで、抵抗したりして、酸素が脳に回らなくなった

ということらしい

もっとゆっくりゆっくりご飯をあげなければいけない状態だったそう



帰宅後、早速ホットマットにのせて温めた(それが写真のトムさん)




.
[PR]
by kkknok | 2016-04-03 04:37 | トムさん
血液検査(IDEXX 膵臓スペックFPL)
b0162726_18383578.jpg

病院翌日、夜の様子

下半身が重いながらも、ご主人のもとへは這ってでも行くトムさん

少しなら歩けるけど、段差はのぼれない状態

なので「ひゃん」と小さくないて、私に運べと言っているようなのだが、

どこへ運んで欲しいのかイマイチ伝わってこなくて困る

b0162726_18411977.jpg

トムさんが撫でられていたら、わらわらとみなさん登場

b0162726_1841501.jpg

行列が出来た

ご主人は仏陀なのか?

聖☆おにいさんに仏陀が油断してると動物が寄ってくるというネタがある)


b0162726_18473072.jpg

フジコもよしよし

ルパンは順番が回ってくるのが待ちきれず、手っ取り早く私に甘えてきた

性格でるな

b0162726_18481473.jpg

トムさんの流れる目ヤニーをお掃除してキレイ、キレイ



この日はトムさんにご飯を食べさせても逆流してくる様子も無かった

そこでご飯をモリモリ食べろー!と流し込む

寝てるところも起こしてせっせとご飯をあげた


23時に私を見てなく

どこへ連れて行って欲しいのか、、、考えて、、、お湯かな?

洗面台へお持ちすると、飲んだ

正解だったみたい

リビングに連れて戻ると、ゲップしつつ、ちょっと逆流してきたっぽい


その後、出窓へと消えて行った

夜の出窓あたりは寒いと思う

選べるように、ホットベッド付き段ボールも置いてみた

好きなほうで寝るだろう




先日の病院で書き忘れていたけれど、

血液検査でIDEXX 膵臓スペックFPLもした。

つまり膵臓の数値もチエックした。

理由は「お湯を飲んだだけで嘔吐したから(いつもはそんなことは無い)」という報告を受けて膵臓の数値が悪ければ、薬を処方する必要があったからだそう。

今回膵臓の数値に問題は無かったらしい。

口頭の返事だったので、どんな数値だったのかはわからない。


この検査について調べてたら

膵炎の猫は無気力・食欲低下・脱水・体重減少など,はっきりしない症状を示す

とあった。
[PR]
by kkknok | 2016-02-25 05:38 | みなさん | Comments(2)
体重3.3kg&薬増加2分の1→4分の3錠、T4は7.9猫の透明な目ダレ
b0162726_12282765.jpg

下半身が思うように動かないトムさんは、

がんばって出窓にあがり、

ここで休憩中


b0162726_12283721.jpg

寝てる最中にヨダレが大量に出たので、冷たいらしい

場所を移動して寝てた

ヨダレがこんなに出るのは調子が良くない証拠




この日はちょうど病院の日

朝に体調を崩してから、本格的に調子が悪くなってきた

ずっと寝ていたこともあり、こういうときは無理に食べさせると吐いちゃうことが多いので、ご飯もあまり食べさせられなかった。

実際、少し食べさせた後で、ご飯があがってくるような素振りが見られた。



病院で報告

「このこは無理やりでもご飯を食べさせないと弱りますよ」

と先生。

はい。

そうですね。そうでしたね。

嘔吐させないことに気を取られていたことに反省。


点滴といつもの注射(インターフェロンなど)

点滴をしてもらった時点で、トムさんの目に力が見えてきた

そうか、水分も足りて無かったらしい

最近はお湯を飲みすぎて嘔吐することがあり、口からの水分がうまく身体にいきわたってなかったのだと思う

点滴ひとつでこんなに変る。



ご飯を食べさせてもらうことにする

嘔吐の心配を伝えると「嘔吐止め」の注射を打ってもらってから

大き目のシリンジいっぱいのご飯をたべさせてくれた。

先生の手際がとても良く、モリモリとご飯がトムさんの胃袋に入っていった。

改めてご飯のあげかたも勉強になった。

嘔吐止めのおかげか、沢山のご飯にも関わらず嘔吐しなかった。

そして点滴のおかげで、帰宅してからすぐにトイレに入り、夜中も2度くらいオシッコをした。


気になっていた涙のように出てくる透明な目ダレについて質問してみた。

「猫、目ダレ、透明」で検索すると猫ヘルペスウィルスの仕業とあった。

どの猫も猫ヘルペスウィルスは持っていて、免疫力が下がったときに出るものとのこと。

治療法はインターフェロンや抗生物質などのようだけど、トムさんはその治療を受けているので心配無用。

ただ心配だったのは猫エイズのウィルス系が悪さしてないかな?ということ。

「その場合は白い膿状の目ヤニが出たり、それよりも猫エイズは赤血球や白血球の数値のほうが怖いよ。この透明な目ダレは体調が整えば止まるよ」という返事だった。

そして

「この歳でエイズを発症してなかったら、エイズに勝ったも同然」

とも。



この日は血液検査もしてもらった。

翌日に電話で簡単な結果を聞いた。

甲状腺の数値 T4 は 7.9

2015年12月の数値が 3.04 だったので2倍に上がった


甲状腺の数値が落ち着けば薬は減らせるのではないかなと期待したけど駄目だった

しかし、短期間でも薬量を減らせたのはよかったのではないかなと思う

再び薬を増やすことにした

2分の1→4分の3錠になる

食欲は無くなるだろうけど、強制的にあげて対応しなくては。


それから、今回は腎臓の数値が悪いと言われた

尿素窒素(17.6-32.8)の数値のことだと思うのだけれど 38.5 とのこと。

具合が悪ければ、次の二週間後を待たずに点滴を打ちに来てください、と言われた。


そして体重を教えてもらう

実は診察当日に聞き逃していた

思ったよりパニクってたんだなぁ、と思う

確かにトムさんの様子にハラハラしてた

車中でもずっと大人しくて、鳴き声ひとつ出さなかった

けれども診察台では「うぅー」と唸ったので、それくらいの気力はあったよう

体重は3.3kg

前回は3.5kg



この日

アシスタントの女性が猫の扱いが格別に上手な人で、トムさんは比較的リラックスして治療を受けられたのが良かった

こちらの病院のアシスタントさんは上手な人が多いのだけれど、格別に上手な人の場合、帰宅した後のトムさんの疲れ具合が全然違うのである

病院で受けるストレスダメージが最小限で済む

すごくありがたい

点滴中はアゴをのせるタオルまで用意してもらって、アゴのせてときどき目を閉じる余裕があるくらいだった

でも先生が近づくと「プシャー」みたいな



翌朝になってトムさんは昨日より断然元気になっていた

ただ下半身がうまく動かないよう

これは甲状腺の薬を増やせば次第に治ると思う

今は出窓で昼寝をしている


※後日、血液検査の詳細を頂いた

b0162726_17135945.jpg

[PR]
by kkknok | 2016-02-24 05:28 | トムさん | Comments(4)
体重3.5キロ
b0162726_15394260.jpg

右目がウルウルしてるトムさん

涙のように垂れてくる目ヤニー


b0162726_1540441.jpg


昨日は病院の日だった

体重3.5kg

前回よりちょっと減ったが、昨日の出来事を考えれば当然の結果

いつもの処置をしてもらって帰宅


夜に「お湯くれー」と洗面台の前で呼ばれたので、駆け寄った

すると、私を見て座ったΣ(´ω`*)ナニイッ!

、、、ご主人からお湯が欲しかったよう。

そうですか~。

ご主人からお湯をもらったトムさんはリビングに戻ってきて

ウプッ

おいおい!また飲み過ぎか!



ベッドに横になったら、トムさんがやってきて一緒に寝た

耳元で、ウプッ

おいおい、大丈夫なのか?

見守ってたけど、いつの間にか寝落ちしてしまった




「おきろー!」の声で起こされる

時計を見ると、あら、お薬の時間

トムさんの体内時計はいつもすごい

そしてトイレにブツがあった

ウプッの原因はやっぱりコレなんだなぁ
[PR]
by kkknok | 2016-02-07 04:39 | トムさん | Comments(0)
体重3.55kg&薬の量を減らしたタイミングが良かったような気がする。
b0162726_10443513.jpg

昨夜は病院がんばったねー、のヨシヨシ

トムさんは興奮してヨダレがぼとぼとぼとー

ご主人の手はヨダレまみれになった

b0162726_10454621.jpg

ご主人行っちゃった




トムさん病院の日

体重3.55kg

前回が体重3.75kgだったので大幅ダウン

けれどもダダ漏れだったヨダレは無くなり、食欲はまだ無いけど牛乳は欲しいと言うようになったし、ご飯を食べさせた後で消化不良と思われるゲップをすることも無くなった

薬を(甲状腺の薬を4分の3錠 → 2分の1錠に減少)したのが効いていると思われる


ちょっと人間の薬治療の場合を調べてみた。

投薬について書いてるところはあるけど、具体的な記述が少ない中、発見!

「初めは1日3〜6錠から始めることが多く、血液中の甲状腺ホルモン値が正常化すれば1日1〜3錠に減量してその量をしばらく続けることになります。」
引用 野口病院 バセドウ病の治療法について

とあった。

ってことは猫もそうなんじゃない?

先生が薬を減らした理由はちょっと違ったけれど、薬の量を減らしたタイミングが良かったような気がする。



帰宅。

しばらくトムさんは床で休んでたんだけど、

突然、

走った!

えーーー!

めちゃくちゃはやいスピードで、2mくらい走った。

そしてオットマンへジャンプ。

「クララが立った!」(byアルプスの少女ハイジ)くらい興奮した。

走り出す瞬間と、オットマンにのったところしか見えなかったよ!

それくらいはやかった。


そんな私の興奮とはうらはらに、

トムさんはすまし顔。


え?夢?

私は夢を見たの?

こんなとき「ムーディーブルース」(by ジョジョの奇妙な冒険)があれば再現できるのに!

ゴゴゴゴゴゴゴッ



メモ

過去の記事に追記した

「甲状腺機能亢進症【猫が嘔吐する原因】」

甲状腺機能亢進症【投薬】メルカゾールについて
[PR]
by kkknok | 2016-01-25 04:40 | トムさん | Comments(0)
体重3.75kg(甲状腺の薬を4分の3錠 → 2分の1錠に減少)
b0162726_23495353.jpg

病院から帰宅後「がんばったオレ」のご褒美をもらうトムさん


b0162726_23503291.jpg

これは私に「ご褒美これで終わりなのか?」と聞いてるんでしょうね。なぜか私に。


b0162726_23504544.jpg

ご主人は行ってしまった




今年、初病院

トムさん体重3.75kg

前回が3.8kgなのでちょっと減った

持ち上げてみた感じは重く感じたけれど、減っていたのでショック!

そこで

甲状腺の薬を4分の3錠 → 2分の1錠に減らすことになった


先生のお話しでは、甲状腺の数値を正常範囲であっても、甲状腺の数値が高かった場合は下げ過ぎないほうが良い、と最近の学会で発表があったそう。

猫の甲状腺機能亢進症は近年広く知られるようになったけれど、その治療についてはまだ手探りなところが多いと感じる。

獣医師さん達が、忙しい日々を過ごしながらも、こうして研究をしてくれて本当にありがたいし、担当してもらってる先生がこうして最新情報を得てくれていることも本当にありがたい。


今回、薬の量を減らすことでトムさんの食欲が戻り、体重が戻れば成功。

もしも違う場合は「もう、歳だからなのかねぇ、、、」と思うしかない感じ。

これはやってみないとわからない。


トムさんはいつものように「プシャー!」と最後に怒り、

先生も「怒る元気があるなら大丈夫だ!」と見送ってくださった。
[PR]
by kkknok | 2016-01-09 05:04 | トムさん | Comments(2)