人気ブログランキング |
kkknok ほんじつのトムさん

ほんじつのトムさんetc...
by kkknok
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
自己紹介
みなさん
トムさん
ルパン
フジコ
ほんじつのトムさん展2011
おふたりさん
トム
未選択
未分類
タグ
(232)
(117)
(100)
(53)
(47)
(41)
(23)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
検索
記事ランキング
最新のコメント
> toto-charさ..
by kkknok at 11:51
> オレンジタビーさん ..
by kkknok at 11:28
こんばんは!ルパンさんの..
by toto-char at 02:45
こんにちは! ルパン君..
by オレンジタビー at 15:52
> toto-charさ..
by kkknok at 10:13
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧
「猫の最期」について、メモリアルボックス&ペットロス編
※お礼 コメントありがとうございます

トムさんにも報告しています

ひと言も、そのお気持ちがとてもありがたいです

みなさまがひとつひとつ言葉を選んで書いて下さってるのがよく伝わってきます

本当にありがとうございます

みなさまの猫さんがもっと長生きできますように祈っています

b0162726_10175990.jpg

いつも居た場所がいいだろう、ということで

トムさんにはリビングに居てもらうことにした


けれどもルパンが骨壺を入れている袋の紐を狙ってくる心配がある

代わりに何か無いか?

それで見つけたのが「ペット用メモリアルボックス」だった

商品を知らなかったのでこれを発見するのに時間を要したこともあり、参考までに紹介させて頂く

犬猫用の小さな骨壺の入るお仏壇という感じ

写真も一緒に飾っておけるのがいい




【ペット仏壇】【国産】ペット骨壷がおさまるメモリアルボックス【焼印なし】・4寸ペット骨壷・3寸…



他社の安価なものもあったけれど「ペット仏壇・仏具のディアペット」のメモリアルボックスのレビューが良かったので、ずっと置いておくものだし、質も良さそうなので決めた

届いた商品を見たが、歪みも無く、丁寧な作りだった



骨壺は自宅に一年間置いといて、その後納骨したり、自宅の庭に埋める人が多いらしい

申し込んだ葬儀屋さんでは、追加料金無しで後から共同墓地に納骨することもできるし、別料金で個別の納骨堂にお願いすることもできる

b0162726_1032096.jpg

このメモリアルボックスに入る写真はハガキサイズ

大きめの写真が入れられるのはいいと思う

最近は店ですぐにプリントアウトできるし

写真をハガキサイズの台紙に貼って取り付けてもいいと思う



ご主人はすぐに店に行って、ハガキサイズの写真をプリントアウトしてきた

更にその夜、ネットで追加プリントして郵送してもらってた

今まで写真をプリントアウトしたこと無かったあのご主人が!

ビフォアー、アフターがすごい


b0162726_10343472.jpg

やっぱりアップがいい!と入れ替えていた

「ときどき入れ替える」とのこと



デジタルフォトフレームも考えたけど、需要が無かったのか衰退している印象

それならiPadやAmazonのFire タブレットをフォトフレーム化して使うほうがいいかも

とりあえず「ほんじつのトムさん展」をしたときの写真を引っ張り出してきてあちらこちらに飾っているのだけれど、


写真があるだけで、全然違う ∑(゚Д゚)


知人が愛猫を亡くしたときに「もっと写真を撮っておけばよかった」と後悔していて、そのときはそんなに何とも思わなかったけれど、こうなってみてわかった

上手く言えないけど、ちょっと癒される


b0162726_23593291.jpg

(2013年3月26日より

アップとか、

b0162726_22392672.jpg

2014年11月18日より

寝てるところとか、

b0162726_105352.jpg

2015年10月2日より

パトロールしてるところとか、

いろんな写真があるといいと思う



いろんな写真を撮るのが無理なら、その1枚でもあると無いのでは違うと思う

トムさんの具合が悪くなる度に、カメラを向けるのがためらわれたが、ササッと素早く撮らしてもらうこともあった

b0162726_019159.jpg

2016年3月10日より

まぁ、嫌がられることも多々ありましたけど


b0162726_7332580.jpg

2016年1月29日より


あと、動画


やっぱり声が入っているのがいい

ニャー

そう!この声!

今はスマートフォンで簡単に撮影できる



ご主人は過去に「動画なんて必要ない」と思って削除したらしい

データーをコピーさせて欲しいと言ってきた

ほとんどご主人に向かってないてるトムさんの動画なんですけど



それらを眺めていると、幸せだったトムさんとの日々がよみがえる



b0162726_1954416.jpg

2016年3月11日より

、、というか、本当はまだ「出窓にいるんでしょう?」

b0162726_12325760.jpg

2016年2月29日より

「お湯待ちしてるんでしょう?」という感覚がどこかにある

姿は見えないけど家のどこかに居るんじゃないだろうか、そういう感覚がある



18年一緒に居たらなかなか抜けるものでもないだろう

ご主人もそれは同じらしく、こういうことを話せる相手がいるのはいいなと思った



※2017年10月追記
くるねこさんのトメちゃんが旅立って、くるねこさんが「あれは本当なんだな」って思う気持ちもわかります




今でも出先で「ハッ!はやく帰らなくちゃ!」と、焦燥感にかられて「あっ、、、もういいんだった」と寂しい気持ちになる

「なんか忘れてる気がする、、、あっ、薬の時間か」とか、



b0162726_13353193.jpg

2012年5月15日より

「おかえりー」とか、

b0162726_6454283.jpg

2015年12月25日より

じゃじゃーん、とタイミングをはかって登場してきたりとか、

b0162726_1554737.jpg

2014年1月1日より

お仕事の手伝いをしてくれたりとか、

b0162726_23124970.jpg

2015年6月22日より

空き箱を見つけたら必ず入ってくれるとか、

b0162726_013029.jpg

2015年8月21日より

いつも手を伸ばせば撫でれる位置にいて、

生活のあらゆることにトムさんは繋がっていて、トムさん不在に途方に暮れる



ペットロスは平均10ケ月らしい、とご主人がネット情報を教えてくれた

来年の1月頃迄か



周囲の人にトムさんのことを知らせると、ペットを亡くした経験のある人も多く、

そういう人達は、とことん悲しんだらいいよ、というようなことを言ってくれた



すごく前に、友人の友人が愛犬が恋しすぎて、恐山のイタコに口寄せしてもらいに行ったとか聞いた

結局どうなったかは知らないけど、

そのエピソードは聞かせてもらえてよかったと思った

なんか、わかる

いろいろわかる

b0162726_17555246.jpg

2016年2月19日より

先日、ご主人が「充電されてたのはオレだった」と言っていた



わかる

体重3.75キロ&猫マッサージの効果&オキシトシンについて



トムさんには沢山いろんなモノをもらっていた


b0162726_044410.jpg

2014年11月17日より



b0162726_11391397.jpg

2015年12月20日より



b0162726_20273915.jpg

2015年12月7日より



b0162726_22551732.jpg

2015年8月22日より



b0162726_10125287.jpg

2013年11月13日より



b0162726_23345533.jpg

2013年10月11日より


病気の猫に、出来る限りのことをしてあげたいと思っていても、ときには見守ることしか出来ない状況もあると思います

でも、それも立派なお世話だと思います

そのとき、ご自分で出来る限りのことをされていることを、一生懸命だったことは猫さんに伝わっていると思います





ここまで読んでくださってありがとうございます
返信はできなくて本当に申し訳ないのですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです


.
by kkknok | 2016-04-11 07:00 | トムさん | Comments(4)
Commented by とらはは at 2016-04-11 11:20 x
こんにちは。
トムさんの写真は本当にすてきです。

病気があるとその事に対応する事に必死なあまり、
日々一緒にいられることを大切に慈しむ事をおろそかにしがちです。
私も甲状腺機能亢進症かわかってから、必死で治療について調べ、一度はメルカゾールなしで何とか治癒できないかと考えたり、、結局、メルカゾールしかないという結論で今に至っていますが、、。
その間、色々とら君には負担を掛けてしまいました。
私などは充電してもらうどころか、おぶさっちゃってるかも、、全くもって申し訳ない。

動画ですね!忘れていました。またまたとら君の負担にならない程度に撮らせて貰いたいと思います。
カメラ目線は皆無なタイプなんですが。。

長々とすいません。あっ、先日は同じコメントを2度送ってしまったかもしれません。すいませんでした。
削除パスワードというのが今ひとつわからなくて。

本日のトムさん写真展、いつの日か開催して頂けたら嬉しいです。えーーできたら東京とか、横浜とかでもお願いします。なんて、、、
Commented by toto-char at 2016-04-11 13:31
こんにちは!おっしゃる通りですね、猫を愛して見送ったご家族は、きっとその時のベストを尽くしておられたに違いないですよね!後で私が選んだ治療方針について、色々言われた事もありましたが、あの時はそれが私のベストでした。そう思えるのはたっぷり悲しんで、他の猫たちに癒されたから。私もいわゆる『ペットロス』の深い闇を少し覗いてしまいました。周りの方にも迷惑をかけたり…!もう飼えない、って思う方もいらっしゃるようですが、人それぞれですね。
私たちのように長生き猫を飼ってると、時代的に子猫の若い頃の画像、少ないですよね(笑)スマホ、なかった…>_<
デジタルフレーム、わたしもやってみます!また懐かしい写真、楽しみにしてますね!
Commented by にゃおりん at 2016-04-12 11:27 x
**お邪魔します**

いつかは居なくなるって分かっていても・・・
いざ居なくなると、存在の大きさに愕然としますよね。
うちは、出窓に骨壺と、お水、生花、写真、首輪やおもちゃ
(カサカサ音のするポリ袋を結んだだけのとか)
後は、人間と同じような月命日、四十九日等に好きだった牡丹エビ
(最後に口にしたので)等自分なりに供養しています。

写真も映像も大量にあって、暫くは見ては泣いてましたよ。
会いたくなる時は大きい画面で見て、一時停止にしては
画面に触れたり、超スローにして再生したり色々していました。

夜中に「あ~シリンジ!」「朝の薬あげたっけ?」
なんて飛び起きてはノートに記録しようとしたり。
最初の一か月位は今考えても変でしたね。

それでも旅立って4、5か月経った頃でしょうか。
やっぱり幸せにしてあげられて良かったという気持ちの方が
強くなって、苦しい感情が少しづつ楽になってきました。

トムさんも闘病中は体も辛かったでしょうが
何より、愛されてる安心感に癒されていたと思います。
まだまだ寂しい日もあるかと思いますが、ゆっくりと
トムさんとの想い出と共にお過ごしくださいね。

******

Commented by オレンジタビー at 2016-04-14 14:31 x
kkknokさん、こんにちは。
コメント日時が前後していますが・・・。
この記事は、読んでいてトムさんとご主人、kkknokさんの日常の一コマが溢れていて。
大切すぎて、何だかコメントが出来ませんでした。


猫嬢の写真、小さい頃の写真は普通のカメラで撮ってプリントアウトしたものが結構あったのですが、私も度重なる引っ越しで、少しずつ無くしてしまいました。
そして、幸か不幸か、父親がかなり早い段階でデジカメを買ってくれたのですが、その当時のデータはPC崩壊時に全てなくなってしまいました。
こういう方、多いんじゃないかな・・・。
私もブログを始めたのは、猫の写真をできるだけたくさん撮って残しておこうって思ったのがきっかけだったのですが、動画っていうのがほとんどありません。
kkknokさんのアドバイスに従って、これからは動画ももうちょっと撮ってみようかなぁって思います。


kkknokさんと、ご主人が出来る限りのことをしているって言う事を、トムさんもわかっていると思います。
トムさん、賢いもんね。ほとんど人間のいう事、している事、理解していたんじゃないでしょうか?
<< 「猫の最期」トムさんと、ルパン... 火葬編 >>