kkknok ほんじつのトムさん

ほんじつのトムさんetc...
by kkknok
カテゴリ
全体
自己紹介
みなさん
トムさん
ルパン
フジコ
ほんじつのトムさん展2011
おふたりさん
トム
未選択
未分類
タグ
(210)
(114)
(53)
(45)
(36)
(17)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
検索
記事ランキング
最新のコメント
>toto-charさん..
by kkknok at 14:21
フジコさん…!1時間も前..
by toto-char at 21:06
>toto-charさん..
by kkknok at 11:43
ルパンさん、キメポーズっ..
by toto-char at 09:01
>toto-charさん..
by kkknok at 10:21
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 45 )   > この月の画像一覧
ほんじつのお昼寝
b0162726_0582680.jpg

本棚の上にて

トムさんの良いところは、必ず傍に居てくれること。リビングのホットカーペットが温かくても、そこに留まることなく傍にいることを選んでくれる。今は寒いので、アタクシの部屋にやってくると膝の上にのってくる。何をするわけでもなく、ただ寝ているだけ。

膝にのっている間、丸みを帯びた魅力的な背中にうっかり手を伸ばすと、迷惑だと言われれてしまう。(目で)
手をのせるのも駄目。猫と一緒に暮らす醍醐味のうちのひとつに「撫でれる」(触りたい放題)が挙げられると思うのだけど、トムさんの場合はその特典は含まれていないらしい。ものすごく残念。
一緒に暮らすときに契約書を交わさなければいけなかったな!

こんなとき川端康成眠れる美女という作品を思い出す。
[PR]
by kkknok | 2009-12-31 01:23 | トムさん | Comments(0)
ほんじつの目まっくろ
b0162726_13263861.jpg

はて?あそこに見えるはなんぞ?

目がぐい、ぐぐぐいーと段階的に黒くなっていくのを見ると笑けてくる。それはトムさんが真剣すぎて、それがかえって滑稽に見えるからだと思う。笑ってはいけない、と思えば思うほど笑えてくるようなあの湧き上がる感覚がやってくるのだ。でも、その真剣な眼差しを愛らしいと思うし、そうやって本気になれる情熱を持ち合わせているトムさんは素敵だ。
[PR]
by kkknok | 2009-12-30 15:01 | トムさん | Comments(0)
ほんじつのひょっこり
b0162726_8381243.jpg

ひょっこり


カーテンがムニムニなのはルパンが噛んだ跡。芸術的なテキスタイルとなって部屋にアクセントをもたらしている(?)終いにはボロボロになって、布と言うよりは和紙のようになってしまう。

どうやってこの創作活動をしているかと言うと、沸き起こる怒りを、ギリギリー、ギリギリーとなんとも言えない音を立ててカーテンにぶつけるのだ。芸術は爆発だ!そんな言葉を思い出す。
作品として完成させるなら題名が必要だ。なんていう題名がぴったりかな。「怒りのカーテン」とか。あぁ、でもこれだと「ルパン、怒りのカーテン」って感じで映画の題名みたいだなぁ。

この「噛み噛み」を止めさせようとしたけれど、これは直らない。しかも、カーテンで出来なくなったら毛布や他のものが被害を受ける。今までダメになったものは数知れず。座椅子やソファーもダメになった。
なので今はどちらかと言うと、カーテンぐらいでホッとしている。なるべく安いカーテンを買うのがポイント。

そして、カーテンの裏はフジコのお気に入りの場所。姉弟そろってカーテンっ子なのだ。
[PR]
by kkknok | 2009-12-29 08:56 | フジコ | Comments(0)
ほんじつのもしも社長だったなら
b0162726_75876.jpg

もしもトムさんが社長だったら

b0162726_7591076.jpg

結構、腹黒かったりして



猫だからかわいいけど、もしも人間だったら?と考えることとかあって、「おーい、水くれんかー」といつも呼ばれて駆けつけるアタクシですけど、もしも人間だったらそうはいかないだろうなと思いますし、アタクシこそ「ちょっとお茶いれてー」と叫ぶと思う。
でも、そろそろ日本語を話して欲しい。ヒアリングは大体出来てると思うんだよね。
[PR]
by kkknok | 2009-12-28 08:12 | トムさん | Comments(0)
ほんじつの一日
b0162726_0184813.jpg

足と格闘し

b0162726_019085.jpg

寝たきりファイティングに疲れて

b0162726_0191229.jpg

シャットダウン・・・

b0162726_0192338.jpg

でも誰かが遊んでるとチラリと見たりなんかしちゃって
[PR]
by kkknok | 2009-12-28 00:40 | トムさん | Comments(0)
ほんじつのおふたり
b0162726_061118.jpg

猫用ホットカーペットにて
[PR]
by kkknok | 2009-12-28 00:13 | みなさん | Comments(0)
ほんじつの寝転がり
b0162726_116897.jpg

ご主人とふたりきりの昼下がり

ほんじつは病院の日。便秘気味な以外はいたって順調。
しかし、ルパンやフジコを追っかけまわしたり、凶暴化しているので相談。それから、インターフェロンで元気になりすぎて、そんなことになってるのでは?とも気になることを伝えてみた。

しかしそういった事例はないらしい。
でも、トムさんは以前にしていた注射で、数回打った後にアレルギー症状が出て、それは猫ではめずらしいことだと言われたことから、インターフェロンを疑ってもおかしくないように思う。それにインターフェロンを調べると人間に施した場合について副作用が記載されていることが多いのに対し、猫の場合については見つけられなかったことから、さほど研究がなされてないのだろうと推測される。

そこで今回はインターフェロンの注射を見合わせて、トムさんの様子を見ることになった。ウィルスを抑制する注射をしないのだから、それはそれで不安だけれどね。

帰って来てからいつもなら飛び切り甘えるのだけど、ほんじつはソコソコ甘えて終わり。今も大人しく膝の上で寝ているし、あのいつもの「ヒャンヒャン」コールはない。
ウィルスが勝っているのだろうか・・・。病院へ連れて行ったストレスで免疫力が下がったのかもしれない。
もしくはインターフェロンが栄養ドリンク的な興奮剤だったのだろうか。

わからん。

とりあえず様子を見て、なにがトムさんにとって良いのか見極めなければ。
[PR]
by kkknok | 2009-12-27 01:39 | トムさん | Comments(0)
ほんじつのクリスマスケーキ
b0162726_16553575.jpg

クリスマスケーキの写真を撮ろうとしたら、にゅっと出現

b0162726_1656167.jpg

トムさんをどかしたら、ルパンが飾り付けに興味津々で、終いには引っこ抜こうとする始末

b0162726_17103417.jpg

向きを変えてみるも、絶妙なタイミングでやってくる

なんなんだ君たちはっ

b0162726_16555188.jpg

ほんじつはやけにからむじゃない

今年のクリスマスケーキはどこのかと言うと、、、、
[PR]
by kkknok | 2009-12-26 17:18 | みなさん | Comments(0)
ほんじつの発見
b0162726_19414.jpg

胸に谷間ができてるよ!

痩せてからというもの、お腹あたりの皮がだるーんとしてる。まるで着ぐるみのよう。中に小さなおっさんが入っているかもしれない。

そう言えば「チックとタック」というお話を国語で読んだことがあるのだけれど、それは時計の中にチックとタックというふたりの小人が住んでいるというものだった。小人の名前からして海外のおとぎ話だと思っていたら、最後に「わさびがいっぱいの寿司を食べる」というくだりがあって、舞台が日本ということに唖然とした記憶がある。

そして授業では「わさびをたっぷり塗ったお寿司を食べさせるなんてかわいそうだと思います」とか、「主人公を殺す相談をしていたのに、わさび攻撃は甘いと思います」とかそんな意見が出ていたように思う。
でも、どんなことを学ぶためのお話だったか覚えてない。
アタクシとしては小人が時計の音を「チック」「タック」と交互に声を出していることに疑問を持ったし、小人の存在をすんなり受け入れているみんなをどうかと思った。

大人になってからこの話をしたら「そんな時計は見世物にする」とかそんな意見を頂いた。なるほどね。今、自分が読んだらどう思うのかと思い、久々に読みたいと思って探してみたら、光村ライブラリー〈第1巻〉花いっぱいになあれ ほか や、くじらぐもからチックタックまでに収録されているらしい。

そうそう、なにを言いたかったというと、小さなおっさんが入ってるとかそういう発想の原点はチックとタックの影響があるのではないかと思う。
[PR]
by kkknok | 2009-12-26 01:38 | トムさん | Comments(0)
ほんじつの枕
b0162726_22385319.jpg

カチカチ、カチカチ、振動の激しい枕で寝ようとしているところ

小話

ルパンの頭を撫でると、なにこれ?と思う感触がある。ちょっと硬い突起物。フジコの頭も撫でてみたら同じようなものがあるので、どうやらそれであっているらしい。
トムさんの頭には無いように思う。
ずーっと一緒に居たのに、ある日突然気がつくことがあるのだから不思議。

ちなみにアタクシは絶壁。自分では見えないから気にならないし、坊主になったこともないから人から何かを言われたことはなかった。しかし20歳を越えた頃だろうか、絶壁だ!と何度か指摘されてから、たまに思い出しては絶壁が気になるので、今回は調べてみた。

ウィキペディア(Wikipedia)の頭型にて詳細が書いてあった。それによると、人種によって頭型が違うらしい。
そして日本人の多くは新モンゴロイドで頭に丸みを帯びた型が主流らしい。少数派が古モンゴロイドで、丸みを帯びているけれど新モンゴロイドと比べると、やや丸みに欠けるようだ。しかし、古モンゴロイドは「彫が深い顔立ち」とある。。。アタクシの絶壁はどこから生まれたのだろうか?

理解するに、頭のかたちを気にするのは欧米諸国での人種偏見からきているらしい。つまり、頭のかたちが丸かろうが、絶壁だろうが、それによる「何か」はなにもないようだ。占いとか、性格判断とか、そういう類のものに近いのかもしれない。
[PR]
by kkknok | 2009-12-24 22:39 | ルパン | Comments(0)