kkknok ほんじつのトムさん

ほんじつのトムさんetc...
by kkknok
カテゴリ
全体
自己紹介
みなさん
トムさん
ルパン
フジコ
ほんじつのトムさん展2011
おふたりさん
トム
未選択
未分類
タグ
(217)
(115)
(53)
(46)
(41)
(22)
(22)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
検索
記事ランキング
最新のコメント
> オレンジタビーさん ..
by kkknok at 19:01
> オレンジタビーさん ..
by kkknok at 18:58
踏ん張っている、足&肉球..
by オレンジタビー at 11:27
こんにちは!コメント残そ..
by オレンジタビー at 11:26
> toto-charさ..
by kkknok at 14:26
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧
2017年 06月 28日 ( 1 )
猫の腎臓病について&腎臓が悪い猫のご飯(ロイヤルカナン 腎臓サポート、ヒルズk/dなど)感想

b0162726_11315006.jpg

仲良しなふたり





以下は猫の腎臓病について&ご飯の紹介なので、関係の無い人はスルーで

猫の腎臓病について
b0162726_11343650.jpg

動物病院でご飯のサンプルを頂いたとき、ロイヤルカナンに「腎臓病のネコちゃんのオーナーさんへ」という小冊子がついていた。

b0162726_11353705.jpg

左に猫の年齢換算表がついているのだけれど14歳までしかない(笑)
猫の14歳は人間の70歳

右には老齢のサインチエックと定期検診を忘れずに!
□高いところにのぼらなくなった
□痩せてきた
□毛づくろいをする時間が減った
□あまり遊ばなくなった
□便が硬くなった
□水をたくさん飲む、尿の量も増えた

ネコちゃんが高齢になると増える病気は何でしょう?

b0162726_11420228.jpg


腎臓病が増えます!(ドドーン)

腎臓病の進行は、約半分働かなくなって尿が薄くなる症状が見えはじめ、尿検査で発見可能です。

それに伴い多飲、多尿、脱水、便秘が起きます。

腎臓が4分の3働かなくなって、身体に不要になった老廃物がたまりはじめ、血液検査で発見可能です。

嘔吐、食欲不信、沈うつが見られます。

腎臓病は改善しない病気ですが、進行を遅らせたり、症状を軽くしてあげることができます。

その方法として薬や食事療法があります。


腎臓が悪い猫のご飯(食事療法)
b0162726_11564965.jpg
ロイヤルカナンの腎臓サポートは3種類ある

ロイヤルカナン 腎臓サポートの特徴
・リンの含有量を制限し、タンパク質や必須脂肪酸の含有量を調整しています。
・ω3系不飽和脂肪酸(EPA、DHA)、複数の抗酸化物質を含みます
・腎臓病に伴う尿毒症やタンパク尿に配慮し、高消化性のタンパク質を適量配合
・健康的な代謝恒常性を維持するためクエン酸カリウム配合
・腎臓病による食欲低下に配慮し、猫が好む香りで食欲を刺激

リンの含有量を制限する理由
リンは体内のカルシウムと結合して骨や歯を丈夫にする。
腎臓の機能が低下すると、不要なリンを尿中に排泄することが難しくなり、血液中にリンが溜まりやすくなる。
すると体は、バランスを保つために骨からカルシウムを取り出してしまうので骨がもろく弱くなる。
またリンとカルシウムが血管、腱、肺などに沈着し、動脈硬化を起こすことがある。
こうした問題をできるだけ防ぐためには、リンの摂取量を減らす必要がある。

3種類のリンの含有量をピックアップしてみた。


腎臓サポート ドライ
リンの含有量を0.3%に制限(標準的な自社成猫用フードと比較し、約75%減)

腎臓サポート スペシャル ドライ
リンの含有量を0.44%に制限(標準的な自社成猫用フードと比較し、約63%減)

腎臓サポート セレクション ドライ
リンの含有量を0.41%に制限(標準的な自社成猫用フードと比較し、約66%減)


3種類の栄養成分の多少の違いはあるものの、大きな違いは形と香り。

形の比較

b0162726_16431158.jpg

腎臓サポート ドライ
3種類のなかでいちばん小粒、丸い形


b0162726_16433059.jpg

腎臓サポート スペシャル ドライ
三角な形


b0162726_16434555.jpg

腎臓サポート セレクション ドライ
3種類のなかで唯一、高エネルギー(411kcal/100g)に調整
3種類のなかでいちばん大粒、長方形
シニア猫にはちょっと厳しいかも
ルパンとフジコは食べられたけれど、食べにくそうだった


原材料
コーンフラワー、米、動物性油脂、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、大豆分離タンパク(消化率90%以上)、植物性繊維、コーン、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、チコリーパルプ、肉類(鶏、七面鳥)、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、サイリウム、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-アルギニン、DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Na、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se、クエン酸カリウム)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

嗜好性について 
ドライ < スペシャル < セレクション となっているようだが(明記は無く製品を見て感じた)、ルパンとフジコの食べっぷりからは差を感じられなかった

b0162726_16485186.jpg
ヒルズ プリスクリプションダイエット k/d


ヒルズの特徴

・腎臓とクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の維持に役立つことが科学的に検証されている。

・腎臓の負担を減らすため、蛋白質を制限している。

・腎臓の健康維持のため、リンを制限し、高レベルのオメガ-3脂肪酸を含んでいる。

・血圧と腎臓へのストレスに配慮してナトリウムを制限。

・科学的に証明された抗酸化成分が健康をサポートし、免疫力を維持。
・製品の酸化を防ぐため、自然派の成分であるミックストコフェロール(ビタミンE)、クエン酸、ローズマリー抽出物を使用

b0162726_12452998.jpg
ごはんの写真
ロイヤルカナンより小粒

原材料
米、コーングルテン、動物性油脂、トリ肉、全卵、チキンエキス、魚油、セルロース、ビートパルプ、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、マグネシウム、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

b0162726_20303579.jpg


ドクターズケア (Dr's CARE) キドニーケアチキンテイスト

ドクターズケアの特徴
・製品中のたんぱく質含量を制限
・製品中のリン含量を制限
・ナトリウムを低減
・ω3系不飽和脂肪酸(EPA・DHA)を配合
・腸内で発生する窒素性老廃物に配慮して、栄養学的にフラクトオリゴ糖を配合
・原産国が日本

ヒルズと同じくらい小粒

原材料
トウモロコシ、動物性油脂、ミートミール、おから、全卵粉末、フィッシュエキス、フィッシュオイルパウダー、コーングルテンミール、フィッシュミール、フラクトオリゴ糖、小麦粉、γ-リノレン酸、マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、塩化コリン、イノシトール)、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、鉄アミノ酸複合体、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、マンガンアミノ酸複合体、炭酸マンガン、銅アミノ酸複合体、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)


ルパンとフジコの食べた感想

先生から年齢的にフジコにも食べさせて良いと言われたのでふたりに与えることにした。

現在食べているご飯と半分づつにして与えるほうが良いとのこと。

多頭飼いの飼い主さんは1匹が腎臓を悪くしたことをきっかけに全員(高齢猫)に腎臓系のご飯を予防として与える人も多いことがご飯の購入レビューにて知った。



サンプルを頂いたのは3つのブランドで、そのうち食べさせたのはロイヤルカナン3種とヒルズ。

ありがたいことにルパンとフジコはどれも食べた。

強いて言えばヒルズがいちばん食いつきが良かった。

小さい頃はヒルズだったことも関係しているかもしれないし、いちばん最初に封を開けたので「スペシャルなご飯!」と喜んだのかもしれない。

腎臓病は食欲を無くすらしいけれど、今のところ普通にご飯が食べられているのでヒルズは食欲が無くなったときの切り札にしようと思う。

また近年はロイヤルカナンを与えていることもあり、今回はいちばん小粒なロイヤルカナンの腎臓サポートを選択した。



ヒルズとロイヤルカナンのどちらが良いかについて

ヒルズとロイヤルカナンで悩む人は多いみたいで、双方の比較で挙げられていたのは酸化防止剤について。

ヒルズの酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)は自然な成分。

ロイヤルカナンの酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)は人の食べ物(油脂、バター、魚介類の加工品など)人の食品への使用が認められている添加物で、摂取したBHAは2日で体外に排出されるので蓄積されることはありませんとある。

ヨーロッパでは、対象になる動物(犬、猫)の安全性を確保することを前提に、EU理事会において使用基準が定められており、ロイヤルカナンでは、EU 理事会の定める基準 100ppm 以下を順守している。

もうひとつの没食子酸プロピルについても同様。

ちなみにヒルズの本社があるアメリカでは、AAFCO(米国飼料検査官協会)という米国の各州の検査官が、飼料とペットフードの安全性、表示などに関して科学的な指針を出す機関がある。


ヒルズの製品はAAFCOの基準をクリアしているとホームページに明記してある。

酸化防止剤については飼い主の判断かと。


個人的にはどちらも優れた商品で、猫が食べてくれるならどちらでも良いと思う。

ただトムさんのときにロイヤルカナンのご飯に救われた経緯があり、その前のヒルズではトムさんの病状に追いつかず、そのときにロイヤルカナンのほうが痒いところに手が届いている気がした。

(アメリカの獣医に聞いたところでは、ひどい巨大結腸症は外科的処置をするのがアメリカでは普通なのだそう。ヒルズのご飯の効き目がトムさんの病状に追いつかなかったのはそういう治療方針の事情もあるのだと感じる)

ロイヤルカナンの腎臓サポートにしてもドライ製品だけで3種あり、食欲の無い猫への細かい配慮がうかがえる。

(ヒルズではドライ製品は1種類だけれど缶詰は4種類用意がある)

なんとなーくの感覚だけれど(アバウトすぎですみません)、ロイヤルカナンのほうが自分の求めるニーズにマッチしている気はしている。

最後は感覚的なことを書いたけれど参考になれば(なるのか?)と思います。


※追記
くるねこ大和さんではロイヤルカナンの腎臓サポートを活用されていました
2017年7月2日 その後のトメ猫




[PR]
by kkknok | 2017-06-28 05:31 | おふたりさん | Comments(0)