kkknok ほんじつのトムさん

ほんじつのトムさんetc...
by kkknok
カテゴリ
全体
自己紹介
みなさん
トムさん
ルパン
フジコ
ほんじつのトムさん展2011
おふたりさん
トム
未選択
未分類
タグ
(213)
(115)
(53)
(46)
(36)
(17)
(16)
(14)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
検索
記事ランキング
最新のコメント
> ゆみっぺさん はじ..
by kkknok at 19:42
> みっちゃんさん 猫..
by kkknok at 19:41
はじめまして。 21歳..
by ゆみっぺ at 14:36
ご丁寧にお返事をいただき..
by みっちゃん at 10:00
> みっちゃんさん は..
by kkknok at 12:02
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧
「猫の最期」について、火葬編
※お礼

たくさんコメントを頂きまして、みなさまの優しさに触れ、とても慰められました

ありがとうございます

ご主人もこんなに多くの方からコメントを頂いたことに感激して、とても慰められています


トムさんの旅立ちを更新するのはどうかと考えましたが、ご主人からも他の方のお役に立つこともあるだろうから更新して、という申し出もあり、なるべくお世話した内容、特に温度に気を付けた点を書きとめました

みなさまから温かいコメントを頂きありがとうございました

また、経験を振り返って悲しんでおられる方には申し訳なく思います

必ずしも書いてあることがそのこに合うかはわかりませんし、様子を見ながら参考にしてもらえればと思います

結果がどうあれ飼い主の気持ちは猫に届いていると思います




b0162726_13303315.jpg

2010年12月8日より

トムさんが2012年の春に余命わずかの宣告を受けてから1年後、先生からこんな言葉がありました。

「人間の1年は猫の4年だから、この子は4年長生きしたことになるね」

あれから4年近く経ったので、16年長生きしてくれたことになります。

人間だったら72歳から頑張って、88歳まで生きてくれました。

b0162726_10144343.jpg

2016年3月1日より

午前中に動物病院へ向かった

トムさんのことを伝えると、受付の方は涙を浮かべてくださった

近年は2週間に1度通ってたこともあり、電話で名字を告げるだけで「トムちゃんですね」と覚えてくれていたり、トムさんの病院ストレスが半端ないのであれこれ気を使っていただいたり、みなさんには本当に良くして頂いた

ペットの葬儀場でご存知のところを教えて頂いた

以前にトラブルがあれば紹介しないと思うので安心できる率が高そう





しかし、葬儀場を選ぶのは苦労した

情報が少ない

ひとつの基準として、イオンが紹介するイオンのペット葬の葬儀屋さんは、イオンが厳選した葬儀屋さんなので、施設やシステムのクオリティはあるレベルは保たれているよう

紹介されるのは比較的大きな葬儀屋さんになるので、スタッフが大人数な場合、担当者によっては不満が残る場合もあるかもしれない

担当者に不満がある場合は即座に変えてもらっても良いと思う

HPに紹介できる施設が掲載されているので、事前に実際施設を見学しておくのもいいかもしれない(イオンのペット葬)



移動式の火葬車もいいなと思った

無煙車もあるけれど、ご近所さんが嫌がる場合もあるので配慮は必要で、今回は場所を確保するのが難しいと感じ(電話で相談すれば、心当たりの場所を提案してはもらえそうな気はする)火葬場のある葬儀屋さんにした

そうなってくると選べるほど会社は無く、ネットの口コミが無いかちょっと見て、あとは電話応対などの直感で決めた




骨を自宅に持って帰る場合、骨壺が必要になる

申し込んだ葬儀屋さんでは料金に一式が含まれていて、良心的だと感じた

葬儀屋で購入もできるが、持ち込み可能な場合は好みのタイプを購入することもできる

ペット仏壇・仏具のディアペット」で販売されている骨壺袋なんかは可愛いい

b0162726_1832555.jpg


お昼にお花が届いた

配送業者さんから直接花束を手渡しされて驚いた

花キューピットってそういうサービスなのか、知らなかった

お花は動物病院からだった

今までお世話になって、こちらがお礼をしなくてはならないくらいなのに、その気遣いに感激した



以前は、トムさんは花なんて好きじゃないしな、なんて思っていたけれど、

もうしてあげられることと言えば、キレイに飾ってあげることくらいしかなくて、

お花でいっぱいにしてあげたら棺がとても華やかになって良かった



虹の橋」という場所があるらしいのだけれど、

トムさんがいく場所も美しく素敵なところだといいな



もんさんも花でキレイに飾ってもらってたな

くるねこさんの「4月8日」2014年(もんさん)

くるねこさんの「4月8日」2015年(もんさん)

くるねこさんの「カミキリムシの伝言」2016年(もんさん)

b0162726_10564857.jpg


花束を包んでいた和紙を下に敷いた

お花は茎を思い切って短く切ったほうが上手に飾れた

仮屋崎省吾さんの言葉をなんとなく思い出して、空間にあきが出来ないように花で埋めつつ、凹凸も意識したら立体感のあるキレイな仕上がりになった

花が萎れてしまうことも考えて、火葬場に行く2時間くらい前に飾った

それまではトムさんの傍に飾っておいた


あとは、カリカリご飯を紙コップに入れて、棺の中にいれた

いっぱい食べたらいい

b0162726_99614.jpg

2015年9月27日より


棺はペット用の棺もあるけど、トムさんは段ボールが好きだったので、手ごろな大きさの段ボールに入れた

ドライアイスを探したけれど近所のスーパーでは売って無かった

葬儀屋さんでドライアイスを用意してくれるところもあるらしい

ネットを調べたら「氷販売店」さんで愛猫の為にお取り寄せしたら翌日にはドライアイスが届いたとあったり、関西限定だけど翌日届く(あす楽)対応の 「エアウエル」さんとかあった

葬儀屋さんには、猫ならお腹の下にアイスノンを入れておくくらいでいいですよ、と言われた(季節によると思う)


自宅に大きなクーラーボックスがあったので、段ボール箱ごと入れて保冷剤やアイスノンで冷やした

17日は春らしい陽気で暑くなったが、トムさんはすごくキレイなままだった



亡くなると体から液体が出ると聞いていたけれど、トムさんはほぼ出なかった

さすがキレイ好きなトムさんである

一応、以前に尿モレしたときに買ったペットシートのお試し用の残りを敷いておいた

ペットシートのお試し用は数枚がセットになっているリーズナブルものなので、常備しておくと、いざという際にも便利だと思う


b0162726_1185355.jpg


翌日、18日(金)15時に葬儀屋さんに迎えに来てもらった

この葬儀屋さんでは送迎サービスもついていて親切だった

不眠状態だったし、運転できるような状態では無かったのでとてもありがたいサービスだった

この日は午後から雨の予定だったけれど、曇りだった

火葬は1時間ほど





葬儀屋さんがいろいろ説明してくれた

トムさんの大が燃え切らずに残っていた

これでお尻の栓をしてくれたから汚れなかったのだろう

これは骨壺にいれません、と葬儀屋さんが避けた


腫瘍も焼け残る場合があるとは聞いたけれど、トムさんは無かった

うまく焼けたらしい

ただノドあたりにミドリのものが、、、?

プラスティックか何かが焼けたよう

なんでしょうね?と葬儀屋さんも首を傾げた

あっ!

甲状腺かも!

、、、こんな色になって、苦しかっただろうな

よくがんばってくれたね

残りの灰などは合同葬のところへ入れて供養しますと言われた




帰りになってようやくポツポツと雨が降り出した

トムさんは何もかもが完璧だなぁ








そして飼い主はこんな感じなのです

くるねこさん「モンスン



※2016年12月14日追記

病気つながりでこちらに訪れて来てくれていたオレンジタビーさんの猫嬢さんの火葬について更新されました
予約あるあるエピソードなど当日の詳細が書かれています


※2017年7月更新
火葬後のケアがある動物霊園を選ぶという選択肢も



飼い主の心も慰められたり



ここまで読んでくださってありがとうございます
返信はできなくて本当に申し訳ないのですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです

b0162726_23151623.jpg

2009年10月26日より


b0162726_8341971.jpg

2010年3月8日より

b0162726_1131589.jpg

2011年3月21日より


b0162726_11233170.jpg

2012年3月5日より

b0162726_1253238.jpg

2013年5月25日より


b0162726_14292450.jpg

2014年5月5日より





.
[PR]
by kkknok | 2016-04-10 08:30 | トムさん | Comments(5)
Commented by toto-char at 2016-04-10 13:57
こんにちは。トムさん、天に昇って行ったのですね。ありがとうございました。
当時のご家族の心痛、お察しします。きっと悲しくて、そして疲れ切った中、お片づけをしながら 長くて短い時間を過ごされた事でしょう。闘病から火葬までを綴ったブログ、とても勇敢な事といつも感銘を受けておりました。もちろん、ブログで書けない深い想いもおありだった事とおもいますが、いずれにせよ 私にはできませんでした。
その後、トムさんとは会話してますか?
私はチャーのことなどいつもトトに相談しております。闘病中はいつ去っていくかばかり心配でしたが、亡くなって本当に一つになったんだと実感しました。
おこがましいようですが、このつらい時期を乗り越えてくださるよう心からお祈りしております。
ひとまず、これまでの記録、ありがとうございました。トムさん、ありがとう!


Commented by にゃおりん at 2016-04-10 17:36 x
***ご主人の手に甘えるトムさんの笑顔!(にしか見えない)
目尻の下がり具合が加工(!?)でもしたかのような
笑顔はベストショットですね!
思わず保存しました。

トムさんは颯爽と天高く昇って行ったのですね・・・。
 
***トムさん、またね!***

Commented by toto-char at 2016-04-10 22:08
再び失礼します。
かたくなさん、ルパンさんのファンでもある私は、これからもまた、二匹の猫さんにここで会えるのを楽しみにしています。
私の母性を満たしてくれるたくさんの猫たち。粛々と繰り返される動物の命に触れ…一方では 悲しみに暮れる自分の人間らしさを改めて知ります。
また そんな気持ちになれる日がきましたら、トムさんの思い出と一緒に お二人さんの毎日を綴って下さいね!
Commented by にゃおりん at 2016-04-11 00:35 x
何度もお邪魔してすみません。

トムさんが旅立ってお辛い時に、長々と書き込んでこちらこそ
申し訳ありませんでした。
一部削除しようかとも考えましたが、それだけkkknokさんの
経験された事で気付く事が出来ましたので
トムさんの一ファンとして残させてください。

頑張ったトムさんを始めkkknokさん、ご主人さまへの
尊敬と、感謝の気持ちで一杯なんです。

沢山睡眠をとって、ご無理なさらぬ様お過ごしくださいね。

***お気遣い有難うございました***



Commented by オレンジタビー at 2016-04-11 16:10 x
kkknokさん、こんにちは。
ブログの更新ありがとうございます。
じっくり読んでからコメント書き込みたくて、タイムラグできてしまっていますが。

トムさんは、やはり優しい子でしたね。
16年も頑張って生きてくれたなんて。
猫の1年は、人間の4年・・・。
うちも、間違いなく去年の今頃より痩せて、一回り小さくなりました。
1年を、いや、一日、一日を、大事に過ごさなければならないなぁと、改めてトムさんとkkknokさんに気が付かされています。

旅立った後の、火葬の申し込みなどは、私も前もって近所で調べておかなきゃ、と、いつも思っていました。
きっと、夫は使い物にならなくなるだろうし、多分、私がしっかりするしかないんだろうなぁと。
今は、可動式の火葬車なるものがあるのですね。
骨壺の情報なども、ありがとうございます。葬儀屋さんに一式含まれていることもあるんですね。
具合が悪くなってからの購入は、辛くてできないと思うので、今から購入を検討するのもありなのかなと考えたりもしています。


そして、トムさんのお顔のなんとかわいいこと!
うちは、香箱座りを全くしなくなってしまいました。
<< 「猫の最期」について、メモリア... 「猫の最期をラクにする」につい... >>